2010年04月24日

厚労省の医師不足実態調査に協力−日病協(医療介護CBニュース)

 日本病院会など11団体でつくる「日本病院団体協議会」(日病協)の邉見公雄議長(社団法人全国自治体病院協議会会長)は4月23日の代表者会議後の記者会見で、厚生労働省から医師不足の実態調査についての協力依頼を受けたことを明らかにした。調査は5-6月に実施されるという。邉見議長は会見で、「協力するから、ぜひちゃんとした調査をしてほしい」と述べ、病院やその地域で本当に医師がどれだけ欲しいか、正しいデータが出るように、「気合を入れてやってほしいと参加者一同申し上げた」と説明した。

 この日の代表者会議では、厚労省からの調査協力依頼や、レセプトを電子請求している医療機関に対し原則義務化された「明細書」の無料発行に関する説明などのほか、中央社会保険医療協議会の審議報告や、21日に開催された日病協の実務者会議で決定した今後の検討事項についての報告などが行われた。

 実務者会議で決定した今後の検討事項は、▽病院のコスト分析と入院基本料の在り方▽医療保険と介護保険の給付対象の整理▽病院における複数科同日受診の実態と今後への対応▽精神病棟や療養病棟における認知症患者の入院状況の実態と対策-の4項目。
 検討する団体も既に決まっており、順に全日本病院協会、日本医療法人協会、日本病院会が担当。認知症患者の入院状況の実態などについては、日本精神科病院協会と日本慢性期医療協会の2団体で担当する。


【関連記事】
「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書
日医、医学部新設には「反対」
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長
医師不足、300床以上の病院も「厳しい状況」−全自病

<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)
橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議(産経新聞)
<みどりの式典>天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
平城宮跡会場がオープン=遷都1300年祭−奈良(時事通信)
posted by イヌヅカ アキラ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。