2010年02月14日

阪神高速で消防車横転 火事通報受け急行中(産経新聞)

 13日午前11時50分ごろ、神戸市北区の阪神高速北神戸線下り線の新唐櫃(からと)トンネル内で、出動中の消防車が横転した。けが人などはなかったが、車体が片側2車線の道路をふさいだため午後0時10分から、からと西−からと東ランプウェイ間(約2・4キロ)が一時通行止めとなった。

 兵庫県警高速隊などによると、横転したのは神戸市消防局北消防署のポンプ車。火事の通報を受けて火災現場に向かう途中で、消防士4人が乗っていた。運転していた消防士は「時速100キロ前後で走行していたが、車体がバランスを崩してしまった」と話しているという。県警が事故原因を調べている。

統合交渉が決裂=比率で溝埋まらず、白紙撤回−キリン・サントリー(時事通信)
小沢氏は「出処進退の判断」問われる(産経新聞)
【Web】「男前社長」の求人広告がネットで人気(産経新聞)
虐待と判断し病院が異例通報 継母逮捕の女児死亡事件(産経新聞)
小沢幹事長の公開資産「今回も預貯金ゼロ」(読売新聞)
posted by イヌヅカ アキラ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

<官房機密費使用>「河村氏の判断」との答弁書を閣議決定(毎日新聞)

 政府は9日の閣議で、昨年の衆院選の2日後の9月1日に当時の河村建夫官房長官が2億5000万円の内閣官房報償費(官房機密費)を引き出したことについて「河村氏の判断により執行された」とするにとどめる答弁書を閣議決定した。鈴木宗男衆院議員の「徹底的な調査をすべきだ」と求める質問主意書に対するもの。

 答弁書では「報償費は時々の官房長官がその都度の判断で最も適当と認められる方法で使用するとされる経費で、河村前長官の判断により執行された」とした。

 使途の公開については「相手方との信頼関係を損ない、情報収集等に影響を与えるおそれがある。官房長官が来年度1年間を通じて報償費を責任を持って執行し、その使途等を検証していく」とした。【田中成之】

【関連ニュース】
河村官房長官:政権移行協議で「必要なことは協力する」
器物損壊:河村氏事務所にれんが 山口・宇部
官房機密費:市民団体が河村前官房長官の告発状提出
松田喬和の首相番日誌:問われる「プロセス政治」
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・中国

喫茶店にタクシー突っ込み4人重軽傷=京都(時事通信)
小沢氏が訪米条件 大統領と会談要求(産経新聞)
小沢氏、不起訴の方針=関与立証、困難と判断−4日、嫌疑不十分・東京地検(時事通信)
<山形大>「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
長崎県知事選告示 大仁田元参院議員ら7人が届け出(産経新聞)
posted by イヌヅカ アキラ at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。